2003/05/27

プロパガンダ

戦争はげしくやってますね。大変です。
こういう状態になっちゃうと、もう報道というものは殆ど役に立たないような気がしてきます。
イラク現地の子供が泣いている映像を見ても、それみてかわいそうと思わせること自体がイラク側の戦略だったりする可能性もあるし、逆にアメリカが流した投降兵の映像も、イラクの主張するとおりアメリカが作ったものなのかもしれません。

日本は国として戦争に賛成している立場だけど、今のところマスコミでは反戦っぽい報道の方が優勢ですね。アフガニスタンの時はタリバンがいかに悪者かという報道がすごかったことを考えると、イラクの人達はそれなりにいい暮らしをしていたということでしょうか。
トップがちょっとくらい危ない人でも、普通に暮らしてる状態で攻めてこられたらいやだろうなぁ。

たとえば某知事さんのような気合の入った人が日本の首相になって、北○○からの防衛のためにすごい武器を配備したとしましょう。
最低限の実験が必要で、ちょっと撃ってみたり。で、首相はあちこちで過激なことを言い放ったり。

そうすると、近所の巨大な国が「日本は危険だ!」とか言い出して、北○○がどうのこうのなんて話は世界の国々は認識してないし、じゃぁ査察団を送れば?とかなんとかいう話になってくるわけです。

で、査察団がきても日本のお役所仕事というのはなかなかあやしげで、たらいまわしにしたりしてるうちに「査察の進行を妨害している」とか言う話になってきて・・・

とかまぁ、ありえませんけどね。国民がどう考えてるかとかはあまり関係なく、成り行きでヤバイことになっていくというのも考えられないことではないのかなぁと思ってしまいました。
長引くとか言ってるけど、どうにかサクっとおわらせて欲しいものです。