2003/05/02

マザー

えー、とってもいまさらでニュース性は無いんですが、ファミコンで一世を風靡したRPG、マザー1+2がゲームボーイアドバンスで発売されます。6月20日。
なんかちゃんと最後までプレイした記憶がないんだけど、久美沙織さんの小説は1,2ともしっかり読んでいて、雰囲気だけは楽しんでいたと思います。
“剣と魔法”パターンが多い中、アメリカの現代冒険もので当時もかなり目立ってたと思います。フィールドを歩いていると切り替わりの無いまま町に入っているようなマップの作りで、ドラクエが主流だった頃にはホントに新鮮でした。
走って加速するスペースがないとテレポートできなかったり、名前のほかに好きな食べ物を入力したり、面白い仕掛けが満載です。
ストーリーのメインは、メロディのかけらを集めていくことです。このメロディがすごく切ない感じで、ファミコンの貧弱な音源から流れていた全ての音が止まり、流れ出すときはちょっと泣きそうになります。
というわけでちょっと楽しみ。