2002/03/12

映画「アナザヘヴン」

9時から映画“アナザヘヴン”やってましたね。
昨年話題になった作品です。ちょっとスプラッタ入ってるらしかったのでこわくて映画館には行かなかったのですが、テレビ放映された“アナザヘヴン ECLIPSE”(本庄まなみ様出演)がスゲー面白かったんです。
でもやっぱ怖かったので、とりあえず原作の本を読むことに。
独特の設定を使って、次々と入れ替わってゆく犯人。犯人が変わるたびに変わっていく事件の展開が、すごく「読ませる」作品でした。
寝る前に布団にもぐって読んでいて、普通ならねむくなったとこで寝るところなんですがあまりの緊張感に起きあがって読み続ける、なんてことが二日ほど続きましたよ。

結局テレビシリーズ終了後、ドラマと映画のDVDを全巻購入。そしてそのまま放置(w
というわけで今日映画版初めて見ました。
原作と比べちゃうと、やっぱりストーリーが端折られちゃってますね。しかしテレビ版で出ていた人がちょこちょこっと出てきていて、「あー!こうなってたのか!」と気づくところがあって楽しかったです。
映画だけ見てもちょっと消化不良かもしれませんね。テレビと本を全部追いかけて初めて、「アナザヘヴン」という作品が視聴者の側で完成する感じだと思います。
そう考えると、テレビで映画だけポンと放映するのはある意味無責任ですなぁ・・・