2002/02/23

ロード・オブ・ザ・リング

先行上映会がありました。友人達で待ち合わせ、総勢6人で行ってきました。
3時間という前代未聞の長時間映画で、映写機の切り替え(一瞬だからわかんない人はわかんない)しながら放映してましたが、ぜんぜん完結してません。
『つづく』って感じで終わります。そのへんは覚悟していった方がいいと思います。

映像は素晴らしく美しいです。『世界』を見せる部分が特に良かったとおもう。
ホビットの村ののどかな風景や不思議な建物、エルフのすむ『裂け谷』の複雑で繊細な建造物、魔法使いの塔、とてつもなく巨大な彫像。
どれも現実にあるんじゃないかと思うような存在感でした。

キャラ的には男性キャラばかりで萌え要素はほぼゼロかと。アルマゲドンのヒロインとマトリックスのエージェント・スミスがエルフとして登場してました。

ファンタジー物で、怪物がいろいろと現れるので戦闘シーンも多く、なんか変に力が入ってたのか終わった時にどっと疲れが来たような気がします。
とにかく“これから”ってとこで終わりなのがちょっとつらい。はやく続きを出してください。できれば3部作じゃなくて6部作ぐらいにして、1部2時間ぐらいにしてほしいなぁ。

ぐったりと疲れたんだけど、そのあとビリヤードしてきました。
力がぜんぜん入らなかったのが逆に良かったらしく、ちょっと調子良かったような気がします。