2002/02/17

フィギュア捜索/サトラレ

昨日明け方までかかってKuro氏に強引につきあわせ、進行中の企画についていろいろと練ってました。その後朦朧とした意識の中YUKIについてなにか書き、昼前までグターリと寝てました。
連絡くれたKido氏、すまぬ。

SINPRE.comに『ちせフィギュア』の情報が載っており、こいつは一つ欲しい!と思って探しまくりました。
ガチャガチャの商品をセット売りしてる店をはじめ、スーパーのゲームコーナー、レンタル屋の店先のキャッチャー機、ゲームセンターなど5箇所ほどハシゴしましたが発見できませんでした…(がく
情熱(萌え)が足りないんでしょうか。もっとがんばります。

『サトラレ』のDVD買って来ました。さっそく見ましたよ。
あー、なんつーかもう、マジで泣きました。一人で見てたから遠慮なく、ってのもあると思うけど涙流して泣いたのってすげー久しぶりだなぁ。もう鼻水でまくりで(w
漫画の話とはちょっと変えてあって、メインキャラの性格でサイドキャラの設定を使ってる、という感じでした。
どっちからみてもどちらも楽しめると思います。恋愛っぽい部分は期待しないで、ヒューマンドラマです。

そういや話題の“世界が100人の村だったら”ってやつ、読みました。
『20人が80%の資源を独占し、80人が20%を分け合っている』とかそんな感じでしたね。
大抵の人は読んだ瞬間ちょっとブルーになって次の日には忘れてるとみた。大事なことが書いてあるのかもしれないけど、そういうのって自分で気付かないと意味ないとおもう。
チーズがどこかに行った話とか、金持ち父さんの話とかが何万部売れても、結局みんな日常を繰り返してゆくのだ。それがいいとかわるいとかいう問題ではなく。