2002/09/02

パーティ

FFXI、接続したらいきなり3人ぐらいからテルでお誘いのメッセージが。
赤魔道士は微妙な立場なので、こんなことは珍しいです。普段は参加希望出しながら出発の準備をしてると、やっと誘ってもらえるかもらえないかぐらい。
お誘いがないときは自分でメンバーを集めます。これはなかなか大変。集めてる途中なんかは結構雑談したりしてます。ひどいときはそのまま解散してしまったりとか・・・まあいいんですけど。

で、今日はメンバー聞いてバランスの良いところを選ばせていただきました。効率良い上にチャットもはずんでなかなかいい感じ。
赤魔道士は端から見ると何となく地味だけどやることいっぱいで楽しいです。
戦闘前はターゲットのモンスターの属性を、メモを見ながら確認して弱点になるエンチャントをかけます。たまに間違えるけど。
序盤は弱体魔法で効きそうなのを選んで唱え、エンチャントした武器で攻撃しはじめます。
戦闘中はパーティメンバーの状態をみながら、白魔道士の回復がまにあわない部分を補助。
黒魔法は・・・持ってるのでたまに使ってみたりしますが、本家にはかないません(w

まぁ役に立ってるような立ってないような微妙な感じですが、ゴブリン相手だとパライズがかなり効きやすいので2,3回「麻痺している」のメッセージが出ればそれだけでパーティに貢献した感じで安心できます。
レベル30目指してまったりがんばります。