2002/01/03

ハリーポッター

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』、2回目見に行ってきました。今度は字幕版です。
よかったです。2回目なので、細かいところも注意して見ることができました。
クィディッチの試合中にハリーが落ちそうになるところとか、先生達がそれぞれどんな様子か注意して見れたし、あと吹き替えだと“名前を言えないあの人”の名前を普通にしゃべっちゃってましたが、字幕では原作どおりに出てました。英語は聞き取れなかったけど。
百味ビーンズは、any taste beensと言ってたなぁ。百じゃないじゃん。
ああ、何度でも見たい気がしますがとりあえずDVD待ちかなぁ。カードゲームは、整理し終えたのでトレードとかしたいです。
帰ったらNHKで『ハリーポッター イギリス魔界紀行』という番組始まりました。タイムリーでビクーリ。
イギリスの町並み、お店、学校などを紹介してました。ある意味映画より雰囲気出てたりする場面もあったかも。
最後のほうで“風を捕まえるおまじない”紹介してました。
ロープをゆるい結び目にして輪をつくって、風がくるのを待ち、ここだ!というときにギュッと縛ってコブを作るわけです。こうして“風を縛り付けた”結び目をロープにいくつか作っておいて、船にお守りとして積んでおくわけです。
で、風がなくなって船が動かないとき、その結び目を解くと風が生まれる、という話。
地元の人にとっては何でもない、例えば正月に鏡餅を飾るぐらいの事なんだろうけど、ぜんぜん別の土地の別の風習っていうのは不思議で興味深いです。
なんかかっこよかった。