2002/10/01

台風

戦後最大級の台風が近づいているとのこと。夕方になるともう暗く、猫が心配なので早めに帰りました。
家についてみると案の定猫は外出したまま。ザーザー雨が降っていておそらく単独では帰って来れないだろうなぁ、といった雰囲気。
いつも居そうな場所を一通り見回してみるものの、雨がひどいせいか全然見つかりません。どこかに潜り込んで雨を凌いでるんだろうか。しかしこれだけ激しく降ってると、乾いてる地面さがすのもたいへんだよなぁ、と心配になりながらうろうろ。
見つからないし、雨がふきつけて傘の意味無いし、靴もぬれて気持ち悪いから、あきらめて一度帰ろうとした時、近所の猫を飼っていらっしゃる家の窓に人影ならぬ猫影が。
「にゃおぉお~」
ウチの猫、快適そうな人様の家から窓越しにこちらを見てました。なんじゃそりゃ!( ゚Д゚)/
心配して損した。その家の人「雨宿りしてたんですよ~」と言ってましたが普段も餌とか貰いまくってそうな雰囲気でした。
雨を嫌がってジタバタ暴れる猫を抱えて、傘もちゃんとさせないまま御礼を言って帰ってきました。かっこわるかった(;´д⊂)