2001/11/12

回転寿司

有給休暇を取って、マターリとすごしました。
結構たまっていた洗濯をして、気付くと昼の2時。
おなかがすいたのでお昼を食べに出動。一人だと“レストラン”と名のつくところにはちょっと行きにくいんだよね。ファミレスに一人で入るとしたら、スーツ着てノートパソコン動かしながらとかじゃないとカッコつきません。
結局、回転寿司行きました。寿司屋にはいると、「いかにコストパフォーマンスを高く保ちつつ、自分を満足させるか」という、戦いがはじまります。
そう、それは自分との戦い。適当に流れてくるのを取っていっても腹が膨れるばかりでいけません。
「食べたいものを食べるぅぅッ!」…これが重要。そのためには、店の人に直接頼めばいいのですが、がんがん流れてるのに頼みまくってると、周りの客に白い目で見られかねません。
さらに、頼んだものが目の前を流れていったりするようなことは絶対に許されないのです。
つまり直接オーダーと回転物とのバランスが問題。幸い、好物である《甘エビ》と《サーモン》が多めに流れてきているため、これをポイントで押さえながら、序盤は《ビントロ》と《ハマチ》を、中盤には《エンガワ》《ホタテ》などをオーダーし、エビなどでつなぎつつ、終盤は《中トロ“本日特別品”》と《イカ》をオーダーしてしめました。
1200円ナリ。んー、ちょっと贅沢コースだったので80点(謎)減点は量の多い《かんぴょう巻き》などを混ぜなかったので、皿の枚数が増えたとこ。