2007/11/25

テーブルゲームフェスティバル2007

えー、とてつもなく思いつきで、『テーブルゲームフェスティバル2007』行ってきました。
なんと東京は浅草です。交通費が1万いくらかかりますが気にしません。どれだけ遊びほうけてるんだと笑ってください。

このイベント、ボードゲームの展示即売会です。企業のモノから自作作品まで幅広く出品されています。
遊び放題で無料と僕にとっては夢のようなお話で、今までこんな素敵なイベントがあることを知らなかったのが軽く悔しいくらい。

いろいろ見たり遊んだりしてきたのですが、遊んでいる間に“これは買いだ!”と思ったのがこれ。

「TREEHOUSE」というゲームです。

内容は「サイコロを振って駒を動かしゴールを目指すゲーム」なので、ものすごく大きく分類すると双六すごろくなのかな。

大中小の四角錐が3つで一組になっていて、黒い一組が「目標の形」を表しています。
各プレイヤーはそれぞれ好きな色の一組を、ダイスの目に従って少しづつ動かして行きます。自分の動かすものと目標の形が一致したら“上がり”。

サイコロには、「倒す」とか「乗せる」とか「入れ替える」とか書いてあって、自分の駒に対して出た目の操作をすることが出来ます。

これがねぇ、単純に「乗せる」の目でもいろんなパターンの動かしかたが出来て、ゲーム性は高いです。特定の条件で「目標」の形を変えてしまうことも出来るので、他人への介入要素もしっかりあって面白い。
コンパクトだし、カラーアクリルの見た目も楽しい。
いつでも遊べるように持ち歩こうかな。