2007/09/25

ぼくの地球を守って

タイトルは日渡早紀作の漫画です。
これはねぇ、学生時代に免許とりに教習所行ったときに元同級生に1巻だけ貸してもらって読んだんですよ。
1巻ってなんか普通の学園マンガっぽい感じなんだけど、最後の数ページでいきなり輪くんが超能力使ってくれるんですよね。これが唐突で、「面白かったでしょ?」とか言われたんですがそのときは微妙な感じでした。
で、あとで思い出して「あのマンガはいったいなんだったんだ?」と読み始めたのがきっかけでした。これは結構嵌った。

なんだか前世とか微妙な超能力とか、少年漫画には無いパターンでこれは面白いぞ、と思ったんだよね。なんせ少女漫画なんてちびまるこちゃんぐらいしか読んだこと無かったですから。
仲間を探すあたりとか、前世と現在との人間関係とか、いろいろと盛り上がるポイントがあって楽しめました。
宇宙人編も結構面白かったなぁ。切ない終わりでしたけど。まあお話全体としてはそこからハッピーエンドにつながるんでさっぱりとした読後感だったと思います。

検索してみたらなんと続編が出てるらしい。また機会があったら読んでみたいと思います。