2004/05/21

価値観

ゲームセンターにちょろっと遊びに行ってきました。
アヴァロンの鍵は、以前あまりカードをくれたアヴァロン様が陣取ってて・・・いや、その人はいい人なんだけどアヴァロンいるとNPCも強すぎでどうにもならんのですよ(;´д⊂)
2プレイやったけどダメダメでした。はやくVer.1.20いれてくれ。

M:tG関連の後輩(?)のH君がいて、いろいろ話をしました。H君ドラムマニアたたいてたけどなかなかすごかった。隣でビーマニやってた人なんてもうわけわかりません。マンガじゃないけど「動きが速すぎて手が見えない~!!」みたいな感じですよ。
ホントすごいので機会があったらうまい人のプレイを見てみてください。感動します。

ふとUFOキャッチャーのコーナーを見ると、20センチぐらいの大きさの金の延べ棒そっくりのおもちゃが!
ゴールドインゴットですよおくさん。これはゲットするしかねー!
2本少し離して置いた上に、90度向きを変えて2本、またその上に2本というかんじで#状に3段に積んであったところを1発で1本ゲット。
見た目金っぽいゴージャスな感じなんだけどさわるとふにゃふにゃしてます。いいねーこれ!と満足してたんだけど、これ、何本か積み重ねて飾ったらいかすんじゃないの?
もう一度そのUFOキャッチャーのところに行ってみると残り4本になっていて、しかも店員さんがさっき取ったのとは微妙に色が違う物に入れ替えてるところでした。
その4本は処分?是非それがほしいんだけど、と交渉すると、別のプライズ機に入れるからそこからとってくれとのこと。ううむ。大変そうだけどまぁしかたない。
回転寿司のように景品がぐるぐる回ってきて、手元のボタンを押すとアームが伸びて景品を押し、皿からおちた景品がゲットできるというタイプの機械に入りました。
試してみると2回ぐらいで一つ取れました。これなら結構簡単だ!
金塊のおもちゃを手元に積み重ね、真剣に回る皿をにらんでタイミングを見計らっていると、どこからか小学校低学年ぐらいの少年がやってきて僕のチャレンジを食い入るように見ています。ていうかボタン押しそうでこわいよ、おまえ・・・
「その金のやつ、まだ取るの?」「おう」
「それ、中になんか入ってンの?」グニャグニャ握って見せて「いや、これはこういうもんだから」
「なんでそんなのほしいの?」「いや、なんかリッチっぽくていいじゃん」
二つ、三つと順調にゲットしていく中、他の皿に乗っているガンダムとかぬいぐるみとかを狙わずひたすら金色の四角いものを取っていることがどうしても理解できなかった様子。

おもちゃやゲームというのは何でも複雑で手が込んでいてかっこよかったりかわいかったりすれば良いというものではないんだよね。人間の嗜好というのは複雑だなあ、というのをその少年の視点から感じた気がしました。