2004/05/08

魔防門

獣使いのレベル上げ。
とりあえず普通にフルパーティ組めるかな?と思い赤魔道士に声をかけるもふられたので、ソロ用狩場をサーチしてみました。
あまりおいしく無さそうだなあ・・・と悩んでいるうち、同じレベルの獣使い発見。2人パーティで爆弾処理してみようという話になりました。
目的のボムがいる要塞地下に行ってみると、カブト目当てのパーティがペット候補のコウモリまで狩ってしまっていました。少々不安を感じながらも余っていたコウモリをあやつってぶつけてみました。しかし、ぜんぜん自爆しないよ!次のコウモリもいないし、二人で呼び出しペットを交互にあて、弱いペットで時間を稼ぎ、やっとの思いで倒しました。危険すぎる・・・

しかたないので場所を変える事にしました。このダンジョンには4人でスイッチを操作しないと進めない仕掛けが3つあり、その奥ならわざわざ行く人もいないので快適なはずです。
しかし、このスイッチ操作は結構大変。少なくとも4人そろえないと開けることすらできない上、50そこそこのレベルだといつ切れるかわからない音消し、姿隠しの状態を維持しなければあっという間に死ねます。
以前北米のパーティがここを通りたいというので、つたない英語で10分ぐらいかけて説明して門を開けたことがあるのですが、結局隠蔽魔法を見破られて半壊してましたよ・・・
今回はなぜかたまたまいた60レベル赤魔道士2人組みのパーティに手伝ってもらい、無難にここを通過することができました。

門の先のエリアはぜんぜん人がいなかったので門の手前から連れてきたペットのコウモリを大事に使いまわしながらいい感じで経験値稼ぎが出来ました。
途中、どこからかふらっとやってきた高レベルの人が、突然ペットを殴り始めました。倒されると困るんで勘弁してくださいというと、英語で「意味わからん」と答えが。・・・おいおい、北米の人?それ倒されるとここでの狩りが成り立たなくなるんですけど・・・
ペットが倒されないよう必死で説明をまくし立て、何とか確保することが出来ました。危なかった。
その後も順調に狩りを続けて、めでたく久々のレベルアップ。よかったよかった。