2004/05/20

牟田武生先生

対引き篭りネットゲーム奮闘記、こころの世紀の牟田武生先生の記事がアップされてます。
第1回、2回のほのぼのネトゲ日記はどこへやら。第3回からはハードなドキュメンタリーになってしまっています。
まあねー、中学生ぐらいでひきこもった上にネトゲなんて始めちゃったらホントに手におえないでしょうねぇ。ただひきこもっただけでも大変なのに。
ネットでコミュニケーション取るうちにそのコミュニティに大きく依存していってしまうという症状はもうパソコン通信の時代から存在します。ネット廃人みたいな人って昔から、たまーに見かけたし。いまでは自分がそれですけど(ってぉぃ!

でも冗談抜きでFFはじめてからしばらくはすごかった。ヤバかったと思う。それだけ面白かったんだよね。ただ人と遊んでいるだけで楽しいところを、やりたいことがどんどん出てきて、どこまで遊べるんだよって感じでどこまでも追いかけるというか、終わりがなかった。
今でもゲームとして終わりはないことは変わらないんだけど、もうかなり遊んだし依存してる感じはもう無いかなーと。
今ではたまに日記に書くように、いろいろイベントごとに参加するのをメインに楽しんでますけどね。

翼くんどうなるんだろう。中学1年でノートパソコン買ってもらい、3年で中古のパソコンが組めちゃうというのは今時普通なのかな。ゲームで頭の中がいっぱいなんだろうなーと思います。
MMOはR15とかR18とかにしたほうがいいのかもなぁ、と本気で思ってしまいました。
翼くんの先行きも気になりますが、先生がまだゲーム続けてるのかも気になりますね。ネトゲ日記の方も是非続編希望。