2003/04/30

カザム

昨日の続き。
500ギルを払って辺境行きの飛空挺乗り場へ。ジュノの飛空挺発着所はどこも似たような作りで、バストゥーク行くつもりでサンドリア行きに間違えて乗ってしまったことが何度かありましたが(普通は気付く)、ここも他と同じ雰囲気です。
待ち時間の間に、と思い立って釣り糸を垂れるも、2匹ほど釣ったあといきなり竿が折れました。うーん、パワフルな魚多すぎ。やがて見慣れた飛空挺が、ゆっくりと港に入ってきました。
他の地域へ行くときと同じく、5分程度の空の旅。途中、ウィンダスの星の大樹が見えた・・・ような気がしました。

カザムの町、なかなかいい雰囲気です。ウィンダス森の区のミスラ居住区に似てるんだけど、いかにも南の国って感じがします。
サルのNPCがうろうろしてて「オポオポ」しか言わないんだけどそのうち関連のクエストとかでてくるのかな?ミスラのNPCはどれもカッコよくていいですねぇ。

町から出ると、熱帯のジャングルでした。地図は持っていたんだけど、ぜんぜん役に立たない。道は木の間を抜け、あちこちが地面をくぐるトンネルになっていて方向もわからなくなります。こまめに地図をチェックしながら進むと、やっと前哨基地が見えてきました。
これでちょっと休める、と思った瞬間、木の陰からモルボルが!気付かなかった・・・スリプルも殴りでキャンセルされるし、ダメか・・・

逃げ場もわからないので絶望的な状態のまま戦っていると、突然ググッと伸びるHPバー。助かった、辻ケアルありがとう!と見ると前一緒に要塞をさまよったことのある白猫さんでした。とっさにパーティ編成して、お互いにケアルでヘイトを稼ぎ、ターゲットを移動させながら強化、弱体魔法で体勢を立て直し。
激しいHPの削りあい。「ばにん、あーす」「うい」と簡単な受け答え。
白猫さんのTPがたまったところでバーニングブレード発動。続いて白猫さんのアースクラッシャーが発動。核熱の連携が発生して、激しい爆発のエフェクトが発生します。
さらに、連携にあわせて即座に撃ちこまれたファイアIIとホーリーがともにマジックバースト。打ち合わせなしで綺麗に決まると快感。逆転の勝利を収めました。

その後ヨトのテレポイントから来たLSメンバーと合流し、密林の奥にある寺院を見学してからノーグへ向かいました。またまた長くなったのでカザム編はおしまい。