2003/04/04

SARS

SARSとかって急性肺炎が世界的に問題視されてます。抗生物質も効かないらしく、全世界で死亡者60人以上、感染者は2000人以上が報告されてます。

毎年流行するインフルエンザ、よく“香港何とか型”とか言いますよね。毎年毎年、中国ではオリジナルなウイルスが発生して、日本でも沢山感染してしまってます。
どうやら豚や鶏と接触しているとそのなかから毎回違うパターンのウイルスが出てくるみたいですね。日本にも養豚、養鶏しているところはあると思うんだけど、数が違うのかな?
今回の発生源も同じような感じらしいです。

全快した例もあるようなので、必ずしも感染=死というわけではないみたいだけど、危険だという噂とか、感染者数がどんどん増えてるところとか、ちょっと怖い。

吸血鬼の伝説、見ると一週間で死ぬ呪いのビデオ、聞いてしまったら二十歳になるまでに忘れなければならない言葉、子供たちの間で“バイキン”を擦り付け合う鬼ごっこ・・・
感染症に対する恐れというものは、文化として定着するほどどこか根深いものなんだよね。みんなそれらのストーリーの中で自分が生き残る道をシミュレートしてみたり。
どちらにしろ、現実に迫ってきて欲しいものではありません・・・