2002/05/25

追われること

会社の帰り道の話題。
暗い道をトボトボ歩いていると、前の方に人が歩いている時があります。
僕の方が歩くのが速い場合、近づいていくことになります。すると足音に気づいて半分振り返り、それからだんだん早足になっていったりします。
怖がられてる、と思うのはなんか奇妙な感じ。その状況で、後ろの人が走り出したりしたら間違いなくパニックになるんじゃないだろうか。

逆に後ろから歩いてくる人がいると、やっぱり僕もちょっと早足になってしまう。別にただ歩いてるだけなんだろうけど、なぜか怖いんだよね。逆の時はぜんぜん怖くないのに、なんか不思議です。
“暗闇に対する恐怖”と同じように、“追われることに対する恐怖”と言った形でプログラムされたものなのかもしれません。