2002/06/07

誤解な人々

久々にお仕事。机に座るとすぐにプロジェクトメンバのMさんがやってきて、
「クロック信号についてなんですけど、新しいソース送ったんで組み込んでみてください」
と言われましたが、何をどうすればいいか思い出すのに10秒ぐらいかかりました。10連休にしてたら30秒ぐらいカタマッテたかもね。

休み中の出来事。
四日に、親戚の家へ食事に呼ばれて行ったんです。家族で。
ビールとか飲みながら適当な世間話をしてたのですが、そこの叔父さんが突然僕の方をみて言い出しました。
「そういえばHaru、Fちゃん結婚しちゃったよ」

Fちゃんとは僕の中学時代同級だった女の子です。でも卒業以来会ってない。
なのに、叔父さんは会うたびにFちゃんが職場でいかに優秀でしっかりしてるかとかを聞かせてくれてたんです。
あんまり興味なかったんで、「はぁ・・・、へぇ・・・」という感じに適当に返事してたのですが。

で、今回もふつーに
「はぁ、そうですか」
と言って飲んでると、気のせいか場が静まりかえってます。
ふと顔を上げると、叔父さんと叔母さんが気の毒そうな表情で・・・僕を見てます。な、なんすか!?
「え・・・あ、あははー」
笑ってみましたが、なぐさめるようにウンウン、とうなずきかえされてしまいました。おーい、そんなんじゃ僕がかわいそうな人みたいじゃないか!かんけーねーっつーの(笑)
そこ!「他にもいい人いるよ」とか言うな( ゚Д゚)/