2008/09/10

東京出張

朝から展示会を見学し、その後客先をまわるというスケジュールでした。
お客さんとの打ち合わせが午後からなら、「どうせ東京まで行って来るんだからちょっとでも勉強して来い」という会社の意向があっていつも展示会見学が入るわけなんだけど、正直ビッグサイトみたいに広い会場を歩き回ってると午後の打ち合わせに差し支えるほど体力を奪われるような……気のせいなんでしょうか。
単に貧弱なだけか。

午後の仕事は予想以上に早く終えることができたので、秋葉探索に行って来ました。
サンコーレアモノショップ、秋月、千石、イエサブRPG、あきばお~、T-ZONE、クレバリー、イエサブTCGとまわって(こうやって書き並べると仕事以上に熱心だな)ズタボロになったところで帰ろうか迷ったんだけど、ふと思い立ち久々にSchatzkisteさんにお邪魔してきました。メイドカフェ。

小さいビルの入り口から細くねじあがった階段を四階まで上ったところにある、小さい部屋がそのお店です。
レンガ敷きの床に黒い木の柱と梁、漆喰で塗られた白い壁。古くてやたら大きい戸棚や重そうなテーブルが置いてあり、ちょっとした異次元というか、ファンタジー的な非現実感を味わえます。
作り付けの棚には奇妙な本や不気味な絵本など変わった蔵書が並び、そのほかにTRPGのルールブックや多種多様のボードゲームが並べられたり重ねられたりして埋め尽くされています。
M:tGのカードこそ無いものの、自分にとってちょっと気味の悪いほど理想的な空間になってます。
他のお客さん達とTRPGやゲームについて話しができたり、ちょっと変わったPDAやガジェットを持ってる人が多かったりと、周囲の空気に埋没できてなかなか心地いい。

こちらのお店、後半年で閉店し新規開店となるようです。半年後どんなお店になるのかわからないけど、少なくとも今の場所は非電源系ゲームに興味がある方にはお勧めできると思います。