2008/04/06

創作ゲーム その2

今日は創作ゲームのテストプレイとM:tGをしてきました。
くおん氏、シュウ氏、M:tGやるぜ!って集まったところでのテストプレイありがとう。無理やり広げてしまったようでちと申し訳なかったです。
またよろしく。

せっかくゲームの話題なので、前回の続きを書きます。

いろいろと考えをまとめた結果、作りたいもののイメージが固まってきました。
「剣と魔法の世界」「マップの上を移動してモンスターと戦う」「せっかくなので対戦相手とも戦う」「マップは毎回変わる(カタン的に)」「マップ上を移動したり戦闘したりしているうちに、勝利条件を満たしたプレイヤーが勝ち」
で、これだと殆ど「四人の○○」シリーズと同じになりかねないので、「トランプ1セットよりは小さいマップ」にしたいなというのもありました。

まず最初に、蜘蛛の巣状のマップを適当に作ってみました。線の交点には○を書いて、各プレイヤーがその○の上にコマを置く形で、自由に行き来できるスゴロクのような形を考えます。
○には番号が入っていて、番号にはイベントをランダムに割り当てられるようにします。そして、イベントにはモンスターが現れるとか、宝箱が見つかるとか、まぁゲームブックのイベントにありそうなものをいくつも用意しました。

この状態で、イベントの内容の調整しながらひたすら一人でこの“ゲームらしきもの”を遊びます。
なんという孤独(笑)なんというヒマ人(笑)
どんなイベントがどのくらい含まれたらいいのか?というのがこのゲームで一番ポイントになりそうな部分なので、とにかくそのバランス的なあたりを押さえようと考えたわけです。
モンスターとの戦闘は、ルールが無いのでサイコロ1個振って勝ち負けを決める仮のルールでサクサクと進めていきます。
四人のキング、ジャック、クイーンの3つのルールについてはその全パラグラフを分類して表を作ってみたりなんてこともしました。自分のルールだとゲームブックの“ブック”的な要素が無くなってしまっているので、孤独プレイで得たバランスに対して分類表を参考に調節するという感じの進め方をしていきます。

それでそのうち、仮のルールでやってた戦闘についてもきちんと決めないとイベントの細かい部分が作れなくなってきました。
そろそろ戦闘判定を作らねば。

「20面ダイス使ったらどうかなと思ってるんだけど」とシュウ氏に相談してみたところ「20面うざい」とのことだったので、いろいろなボードゲームのルールを読んでみたりして、やっぱりスタンダードに6面ダイスを使うことに決めました。

まあここまでやってみて、「結構遊べそう」という感触は出てきたかなぁ。しかし「マップがわけわからん」とか「マップ番号とイベントの対応がめんどくさすぎ」とかいろいろと問題も出てましたけど。
これが2月の半ばぐらいまでのお話。3月で消えてしまう有給休暇がたくさん余ってて勿体無かったので、2月頃は週休3日のゆる~い生活を送ってたんだよな。なんか作りたいとき暇だと助かる。でもいつのまにかDSをピコピコやってたりするから自戒も必要。