2008/05/10

恩田陸『夜のピクニック』

恩田陸さん作、『夜のピクニック』読了。

ある高校で毎年行われる「歩行会」というイベントに参加する生徒達の姿を描いた作品です。
恋愛や進学などについて語り合いながら夜通し歩いていくのですが、お互い理由があって話す事のできない主人公の融と貴子の関係性が、ゆっくりと変化していく様をじっくり楽しむ事ができました。

それぞれの登場人物の人間性、その会話が自然でとても読みやすい。考え方とそれを表現する言葉、それを受け取った人の考え・・・という流れが愉しいのです。
なんか久しぶりに純文学を読みました。

学校のイベントに文句を言いながら全員で参加していくという状況、いまでは体験しようがないんだけどなんだかいいなあと思った。
学生時代を懐かしく思い出したりもしました。すごくいい作品だと思います。