2008/05/08

乙一『死にぞこないの青』


乙一氏作、『死にぞこないの青』読了。

主人公のマサオは小学五年生で、ちょっとニブくて引っ込み思案な他は特に特徴のない少年。
ある日新任の爽やかな先生が担任になり、喜ぶのもつかの間、その先生はクラスをまとめるためにマサオを徹底的にいじめ始める……

えげつないイジメが淡々と語られて行きます。ストレスをためてためて、終盤のクライマックスへと向かって行きます。わかりやすい感動や恐怖はあんまり無い、今まで読んできた乙一作品としては比較的地味な物語であるとは思いますが、なかなか楽しめました。

マサオ達が遊ぶ場面では、ビックリマンシールやコロコロコミックが出てきたり、田んぼでカブトエビを見つけるシーンがあったりしてなんだかすごく懐かしい気分になりました。
いじめられ、怒りを押し殺した結果現れたマサオの見る幻覚の少年『アオ』は、あいかわらずスタンドっぽかったです。現れたり消えたりするところとか、喋ってる雰囲気とか。
落ちはほっとする感じで、面白かったな、という感じで読み終えました。


ゴールデンウイークのおかげでなんとかいろいろとこなせてきた気がします。
読みたい本として待ち状態になっているのはあと20冊くらいかなあ……本屋に行かないようにしないと、減りそうにないな……むしろ増えていくんだ。まあいっか。