2008/02/28

グインサーガ119『ランドックの刻印』


しばらく出ないなーと思ってたら作者さん結構激しい病気してたみたいですね。心配する一方、あとがきを読んでるとなんだか“世界最長の小説”を自慢しまくっていて萎え萎えでした。やはりあとがきは最初に読んでしまった方が良いのだろうか。
自慢するのもいいけどさ、もう20年近くになるのかな、これ。長く書いてると雰囲気が変わってしまっていかんなーとか思うんですよ、僕みたいなしろうとでも。
初期の重厚な雰囲気はどこへやら、最近はケイロニアの軍人さんたちもグインもラノベの主人公みたいな軽いしゃべり口になって来てるような気がして落ち着かないことがよくある。魔法の設定なんかも毎回読者に対する説明をいれなきゃいけないのは軸が定まってないからなんだよなぁ。

本編はグインが居るのにもかかわらず、グインの扱いがすげー低いという珍しい流れでそこそこ面白かったかな。
というかグイン、主人公なのに悲惨すぎる。大丈夫かこれ?物語の行く末が心配だ。