2008/07/15

栗本薫『グインサーガ121 サイロンの光と影』

栗本薫『グインサーガ121 サイロンの光と影』読了。
これは酷かった。主人公イジメも甚だしいですよこれ。

以下、ネタばれ&読んでない人にはさっぱりな話題が続きます……


作者さんとしては、グインの今の嫁をメタメタに悪く見せておいて、病死とかで退場させて読者を納得させた上で最終的にリンダとくっつける方向に持ってこうってことなんだろうけど。
なんかケイロニアは立派な国ですよ~って散々やっといてあれは無いでしょう。ストーリー的に無理がある。元々ケイロニアにいたはずのハゾスさんがあの状況を初めて見たっていうのがそもそもおかしすぎる。どんなに顔あわせにくくたって王様不在の王妃と宰相なら会わないわけないでしょうに。
前半のグインバンザイを延々やってるのもいい加減しつこいし、後半は気色悪いのでもうゲンナリでした。あー、もう次は買わない。