2004/07/25

世界の中心で

日焼けがすごい事に。赤いです。なんかビームとか出そう。
昨日の反省というかなんというか、ものすごく単純でアレなんですが、ドラマも見ないしテレビ自体そもそも見ないし、話題というか引き出しが少なすぎるのを実感したので今話題の『世界の中心で、愛をさけぶ』の原作本を買ってきました。
さっくり読み終えました。なんか短いよね、これ。
村上春樹の小説の、出だし3分の1って感じのお話ですね。現在と過去をザッピングしながら、眩しい思い出とそれを失った悲しみ、という感じで泣かせる構造になってます。
最後、朔がおそらくその悲しみを乗り越えたであろうという場面が描かれています。これはねぇ、なんか男にとってはキツイところがあるなぁと思いました。
そんでもこれならむしろ村上春樹おすすめです、やっぱり。