2004/04/17

APPLESEED

映画APPLESEED観て来ました!
上田と佐久地域で公開日放映が1ヶ所の1回だけだったので、いくら興味がある人が少なくてもこの地域のこれ系好きな人たちが濃縮されてイヤな混みかたになるんじゃないかと少し心配でしたけどそれほどでもありませんでした。

正直なところ、『攻殻』も『イノセンス』も見てないし映画『ファイナルファンタジー』も見てません。アニマトリクスも見てない・・・
というわけで初3D映画です。今回は世界発のライブ3Dということで、まあぶっちゃけ細かい手法は見てる側にとっては意味無いのですが、レンダリングアニメではなくて全部バリバリ動かしてるのをそのまま録画してるってことだと思います。トゥーンシェードが入ってて見た目は殆どアニメです。

背景というかデータで構築された仮想世界といったらいいのかよくわかりませんけど、その巨大さと作りこみに圧倒されます。その世界の中でのアクションや演技は「これは今まで見てきた映像とは違う」と感じました。
アニメーションの表現方法として3Dを使ってるんじゃないんだよね。もう、例えばFFXIみたいな仮想空間のなかでキャラを動かしてそれを撮影してる。
実写で得られる“実物の重み”を考えなければ、MATRIXシリーズの技法が過去のものに見えます。

内容については、原作をちょっとわかりやすくアレンジしたものです。原作、はるか昔にちょっとだけ読んだ気がする、という感じだったので今回映画見た後買ったんですけどね。
マンガっぽさで評価がわかれそうだけど、自分としてはとてもよかったと思います。