2004/04/30

畑、20BC

畑仕事の手伝いに行ってきました。フキやカブやネギを収穫。
じいさんはリンゴに与える薬を調合してました。花の咲き具合を見ながら薬を与える時期を決めるらしいです。
時間が余ってもやることがなかったので木の棒をいい感じに切ってラストサムライバリに素振りをしてみたりしました。剣道の型とかやってみたけどもうだいぶ忘れてた。

とりたてのフキ、ゆでてもらったらやわらかくておいしかったです。

FFXIの話題。バーニングサークル(BC)戦というのがあります。前々からいくつか参加してます。
他人の影響を受けない、パーティだけの特殊フィールドでそこに配置されたきびしめな敵とギリギリの戦闘を楽しむものなんだけど、先日のバージョンアップでこのBC戦20レベル制限、30レベル制限という低レベル向けが追加されました。
参加人数も3人です。人集めも準備も簡単だったのでさくっと20レベル戦に行ってきました。

ジュノでオーブをトレードし、飛空挺やテレポでそれぞれサンドに集まり、得意の錬金術スキルを使って必要そうな薬品を用意します。初回の挑戦はモンク、戦士、赤魔道士の3人。
最初だから確実に倒せるように、モンクは2時間アビの「百烈拳」を使うことにしました。
BCに突入すると敵はコウモリタイプ3体。ひとまわり大きいボスと、それに従うように2体います。
赤魔道士が殴られないように適度に挑発を入れてもらいつつ、ボスを集中的に狙うと、百列拳のおかげであっさりと倒せました。
あとは一体ずつ仕留めて終了。宝箱を開けると20レベルで使える武器や、ちょっとしたアイテムが入ってました。
コウモリはあやつることができそうだったので、モンク、獣使い、白魔道士のパーティに編成を変えて再挑戦。雑魚を相打ちさせている間にボスを倒し、2時間アビを使うことなくクリアできました。
同じ要領で戦獣白でも勝利。百烈なしでは時間がかかったので、コウモリのくせに魔法を使ってきたり見たこともないアビリティを使ってきたりで大変でしたがなかなか手ごたえのある戦闘を楽しむことができました。