2002/07/15

食中毒

14日
午後 7時 : 妹が帰ってきていたためか、肉&刺身のご馳走。喜んで食べまくる。
午後10時 : FFXIで遊ぶ。LV1の人に「まほうはどうやればおぼえるの?」とか聞かれて四苦八苦。

15日
午前 0時 : 疲れたので寝る。いつもはもっと遊ぶんだけどね。
午前 2時 : 激しい嘔吐感と腹痛にみまわれ、目が覚める。
必死でトイレにたどり着くと、今まで経験したことのないような酷い下痢。吐き気も止まらない。
指先が貧血のように真っ白になり、ブルブル震えている。額からアブラ汗が床に、ポタリ、ポタリと落ちる。救急車・・・とか、親に声かけなきゃ・・・とか考えつつもどうにもならない。
とりあえず下痢が治まると、汗だくのシャツもそのままに布団に倒れ込んだ。

午前 5時 : 吐き気は止まったものの、腹痛で断続的に目を覚ます。喉が渇くのでお茶を飲みまくる。

結局会社を休み、医者へ行きました。ちょっと血をとられて検査。
「食中毒だねぇ、刺身かなにか食べた?マグロ?」
「うう、はい・・・」
なぜマグロまで当てるかはともかく、食中毒、初体験ですよ。点滴を2時間ほどかけて打たれて帰ってきました。
一緒に食事した他の3人はピンピンしてますが、刺身の一切れだけダメだったり、人によっては何ともなかったりするそうです。
明日も朝一で医者に行く予定。またあの点滴やられると、会社遅れるかもなぁ・・・