2002/07/28

2ちゃんねる

2ちゃんねるは、巨大なサイトです。
どのぐらい大きいかというと、昨年1年間「政府主催」で開催されたインターネット博覧会「インパク」の、総アクセス数を3日で達成するほどです。インパク、なんて聞いたことなくても、2ちゃんねる、は聞いたことある人多いと思います。

「職業を“裁判所に通う人”と名乗っているような人間が管理する掲示板は問題なのではないか?」
友人からこんな事を言われました。彼は2ちゃんねるを見ない人。
見たことのないひとは実際に行くのは怖いという感じもあるだろうし、管理されてない巨大な集団というものに漠然とした不安を覚えるのかもしれません。
とりあえず、裁判沙汰の問題が頻繁に発生するのは“悪いことでは無い”と、僕は思います。

2ちゃんねるでは人が多いため、日常的に議論が交わされています。単純に誰かのウソの一言に全員が流されるという状態は見たことがありません。話の中で、それなりに情報が取捨されていきます。
大きな問題が一つ発生するまでに、実に様々な問題提議が行われています。様々な議論が出て、大抵のものは話題性が低くなっていけば消えてしまいますが、時々訴訟問題として浮き上がってくる。
そこまで問題が発展するのであれば司法の元、何らかの結論を出せば良いわけです。
重要なのはここまでの議論にマスメディアによるフィルタがかかっていないということ。

テレビや雑誌から得られる情報には、ある程度制限がかかっています。
ゲーム雑誌なんて見ればわかりやすいけど、スポンサーに付く大きなゲームメーカーのゲームは、良い評価がつきます。
利益の絡む既存のマスメディアには“言えないこと”や“黙ってればウソじゃないこと”などが残念ながら存在しています。
生の情報を得られる可能性があるメディア、と言う点が2ちゃんねるの優れた点であり、人が集まる理由になっているのではないでしょうか。

司法の判断で全体が閉鎖と言うことは考えにくいと思います。サーバー維持が出来なくなると閉鎖せざるを得ないという問題は依然として残ってますけど。
P2P型のクライアントソフトの開発なども行われているようで、この時代になってようやく得られた“真実を知る可能性”を、今やたくさんの人が手放したく無い、と思っている事は確かです。

僕もそんなに見てるわけじゃないですけどね。気になったニュースがあったときに関連のスレッドを探すぐらいかな。2ちゃんねる嫌いって人もたくさんいるけど、そういうのも人それぞれ。見たことある人が見るのをやめるのは、それなりに理由があるだろうし。
見たことないひとには・・・あまり勧めません(ぉぃ
すぐスイッチ入っちゃう人、すぐだまされちゃう人とかはやめといた方がいいかも。

こんな文章や友人との会話には関係なく、今も2ちゃんねるにはたくさんの書き込みがされていくんだろうなぁ