2004/01/03

買い物

帰省していた弟のファッションを見るにつけ、自分の服の小汚さに気付いてしまったのでちょっとおしゃれっぽい服でも買ってこようと思い立ちました。
地元の店を見たところいまいちな感じだったので、ちょっと探し回ってしまいました。
結局ちょっとブランドっぽい高そうなお店に小汚い上着のまま突入。さすが、ちょっとかっこよさげな服が並んでます。
これがいいかな?とあたりをつけたところで試着していると、横からススッと店員さんがきて、
「かっこいいですね♥」
「そう?」(←コンマ3秒で反応してた)
・・・というわけで値段も見ずに購入決定(ぉ
なんか下は何色がいいとかズボンは何色だとか言ってたけどあまりよくわかりませんでした。ファッションというのも芸術的な分野で、経験や訓練の生かされる奥深いものなんだというところはなんとなく理解できたような気がしました。