2009/08/24

『終末のフール』伊坂幸太郎

伊坂幸太郎氏著『終末のフール』読了。
僕の大好きな「世界滅亡モノ」ということで、本屋でジャケ買いしておいたものです。

あと8年で地球に小惑星が衝突する、と発表された5年後の世界。つまりあと3年で地球滅亡という状況で生きる人々のお話です。
地球滅亡の発表後、人々が逃げ場が無いのに逃げたり自棄になって殺人をおかしたり自殺したり、といった激しい混乱が起こったようなのですが、その時の描写は過去形で語られるのみ。
本編は落ち着いてきた(あきらめた?)といった小康状態の中で、さまざまな登場人物が他人との関わりを変えていく様子が描かれています。

残り時間が3年というのが絶妙な感覚だなー、と思いました。絶縁してしまった家族や、妊娠を知ったカップルなど、残り時間を考えると自分ならどうするだろうと非常に感情移入しやすいエピソードが多かった気がします。
あまり切迫感は無いのでハラハラしたり泣けたりという感じではないです。じわっと来る感じ。

かなり久々に本を読んだんだけど、とても読みやすかった。