2004/06/27

大会

えーっと、大会行ってきました!
MTG長野杯上田予選。36人スタートのなかなか大きな大会となりました。主催&ヘッドジャッジのHAMAさん、本当におつかれさまでした。(樽かりっぱなしでかえってきちゃいました。すんません)
結果ですが、3勝3敗。以上。細かいことは書くとかっこ悪いので書きたくないんだけど…

デッキは『青白1マナアーティファクトサーチデッキ』で出場しました。

1戦目 青白
2位の人。かなりがんばったんだけどなあ。久々過ぎて、カウンター勝負で読み負けた感じかな。
減衰のマトリックスがメインではいってて、サックリ対処されちゃったのが痛すぎ。
相手のレベルが高かったせいかきつかったけど楽しかったです。でも負け。

2戦目 ゴブリン
レア満載の凶悪デッキであっさり焼き切られました。強すぎ。ラスきかねーし。
1戦目で力を使い果たしてしまい、単純なミス連発してたのもいけなかったです。

3戦目 不戦勝
…要は実質2勝しかしてないってことです。よわよわ。

4戦目 親和
引きが悪くて死亡。ここまで一方的にやられる相性ではないはずだったんだけどねぇ。残念。

5戦目 頭蓋囲い+エイトグ
最下位の集うテーブルでマッタリとデュエル。青Spellbomb張ってあるのにエイトグが自分のアーティファクトランドを全部喰いながらパンチしてきたりして。
かなり楽に勝たせてもらえました。

6戦目 緑白スライド
1デュエルめは半分は2/2の生物、残り半分を赤Spellbombで削って勝利。
2デュエルめは相手の勝ち手段である生物をピンポイントで落としてライブラリアウトを狙ったのですが時間切れ。

これでなんとか9点ですよ。つーかね、ちょっとデッキ構築に夢見すぎた。
自分らがレアそろってないからって周りのみんなが手加減してくれるわけでもないしねw当たり前なんだけど。
とにかく必要で強力なカードがしっかり入ってるデッキはどんなデッキでもある程度以上の強さになりますね。その辺は軽く見てはいけないと反省。昔はケチったりしないでお金かけて完璧に集めてたもんなぁ。
しかし、ひさびさの大会はなかなか楽しかったです。bulge氏とK氏の参加はとても驚きましたが、最盛期の頃の仲間達の再会といった形にもなって嬉しかったね。
特にbulge様、本当に本当に遠いところお疲れ様でした。
それではまた機会がありましたらよろしくです。