2004/06/06

フィフスドーン

突然なんだけどM:tG長野杯予選を上田でも開催するとの事でここは一つ久々に参加してみるかという事で、最新拡張セットらしきものをちょこっと買ってみました。
うーん、ミラディンもダークスチールも全然買ってない状態で無謀だろうか?
レーティング見ると県内のConstractedが170人中50位になってる・・・まぁ傷がついて痛いような成績じゃないね。あたってくだけろの気合でやってみたいと思います。
しかし、M2はあんなだし小諸のお店もつぶれてたし(つぶれたどころか廃墟になってた)、コモンをもらう事すらかなわない状況です。シングルショップも全滅してるしねぇ。
カードそろえるには厳しい環境になってしまったといったところでしょうか。

とにかく久々でどんなカードがあるかも良く分からないので、構築済みをKuro氏と1種類ずつ買って対戦してみました。
好みで購入したら案の定「青白」対「赤緑」。青白は1マナアーティファクトを使いまわしてアドバンテージを得るデッキ、赤緑は相手のコントロールするアーティファクトが増えるほど有利になるビートダウンデッキでした。
2、3回デッキを回すとすっかり動きが分かってなかなか楽しい。なんだかアイスエイジ~ミラージュ時代の雰囲気あると思った。
青白の動きははまりましたよ。これにラスゴと巻き戻し突っ込んで大会でようかなと本気で考えてます。