2003/10/12

リーグ・オブ・レジェンド

リーグ・オブ・レジェンド観てきました。
冒険家、トム・ソーヤー、吸血鬼、不死身の男、透明人間、『海底2万マイル』のネモ船長、『ジキル博士とハイド氏』のジキル、とまぁなにがなんだか分からないメンバーが勢ぞろいするお話です。
出てくる人数が多いので終始ドタバタとした感じだったけど、なかなか面白かったです。
主人公の年を取った冒険家と青年になったトム・ソーヤーの冒険物に、特殊能力をもった怪人たちが手助けしたりするオマケ付きといった雰囲気かな。
ノーチラス号関係でメカものがいろいろ出てきたんだけど機械というよりはM:tGのアーティファクトみたいなイメージでした。というか、全体的にエキスパンションになりそうな感じだったかも。
オチがなんか続きそうだったんだけどなぁ。・・・2作目作る気満々なのかな?