2011/04/28

抜歯

昨日28日入院し、本日退院してきました。

入院というのは初めてだったわけですが、まず最初にパジャマに着替えるんですね。なんか病院でパジャマを着ているだけでどこか具合が悪くなったような気がしてきます。

といっても昼食の時は至って普通の状態だったため、ちゃんとした食事をとりました。とても美味しかった。
午後1時から点滴を開始しました。結局点滴は今日帰る直前までしてました。
点滴の管って分岐できるようになってるんだねぇ。他の薬を追加するのも注射するのもみんなこの分岐経由で出来るというのに感心しました。

点滴の台を転がしながら歩くという絵に描いたような入院患者スタイルで口腔外科へ移動。
行ってみると、ほとんど歯医者の診察台みたいな感じの椅子がある部屋でした。医者っぽい人が3人、看護士さんが2人くらいいたかな。
座って心電図用の電極を貼られ、2種類ぐらいの薬を点滴経由で投入されたところまでであとは記憶が無いです。何か注射したあと動悸が激しくなっ て、眠くなる薬入れますよ~と言われて次の頭の奥がズーンと重くなるような眠気に見舞われて、もうあと目が覚めたら病室に戻ってたという感じです。
ストレッチャーに載せられて帰ってきたらしいんだけど、全く覚えていない。本人の意識からしたら全身麻酔と変わらないんじゃないかなと思う。
ありがたいことに麻酔も手術も非常にうまくいったらしい。

嫁の話しによると目が覚めてからしばらくはやはり言動がおかしかったようだ。顔も筋肉が緩んでて別人のようだったとのこと。
夕飯はおかゆっぽい物が出て、結構普通に全部食べてしまった。
夜は4人部屋ということもあり、看護士の出入りが激しくてなかなか眠れなかった。ベッドもちょっと狭いし、点滴の管も気になるしでうとうとしては起きるというのを何度も繰り返してしまった。

今朝になってみると、切った外側がぼこっと腫れてました。ちょっと口も開けにくくなっていて、昨夜より食事も大変な感じ。
最後になにやら薬を点滴で入れてもらって、無事退院となりました。
しばらく腫れるっぽいがあとは良くなるだけなんで気は楽です。とにかく無事終わって良かった。