2011/04/14

口腔外科

親知らずについて。
先週あれだけ苦しんだので、手術の恐怖感より早く抜いてしまいたい願望の方がはるかに大きかったわけです。電話で予約をとった ときも受付の人が「よっぽどの事がない限り当日処置できます」と言っていたし、今朝受付で「今日抜歯して行きますか?」と聞かれたときも、二つ返事で「お 願いします!!」と言ったわけです。
すごくやる気満々で望んでいたわけなんですが、結果、今日は手術出来ませんでした。

最初に頭の回りをぐるぐるまわる妙なレントゲンマシンで頭蓋骨の360度写真を撮ったのですが、その後いくら待っても呼ばれない。1時間ほど待ってもうすっかりiPhoneゲームに没頭しているとやっと呼ばれた。

話を聞いてみると、問題の歯は骨に埋まっており、局部麻酔が効いている間に手術が終わらないかもしれない。また、今の状態だと麻酔の効きが悪い可能性がある。「鎮静法」というやり方があるのでこれをおすすめする、とのこと。
この鎮静法というもの、1日入院が必要になるものの、本人はボンヤリといい感じになっている間に手術ができる上、痛み止めを点滴から追加投入できたりして先生も楽だそうです。

あとはねー、結構脅されるというか「こういう可能性がありますよ」っていう説明を一通り受けるんですよ。こうなる可能性が何パーセントです、みたいな。
この状況で「いや、何としてでも今日やってくれ!」とは言えませんわ。
というわけで月末に1泊することになりました。

なんか正直痛いところをかばおうとして顎が常につかれた感じになってるし、口内炎ができやすくなってしまってこれまた痛いし、月末までこの状態かと思うとゲンナリしますがもう割りきっていくしかないですね。

話が前後するけど気になって聞いてみたんだった。手術中に局部麻酔がタイムオーバーになりそうな時はどうするか?
抜歯で使うような麻酔は追加するってことができないそうで、途中の状態で閉じて「続きはまた今度」ってなるそうです。なんと恐ろしい。

今日は地元では大きい病院に行ったのですが、総合受付->歯科受付->放射線受付->レントゲン室->歯科->採血・・・と延々たらい回しにされるシステムがすごいなと思った。具合悪い人は悪化するんじゃないだろうか。
大病院おそるべし。ドラマみたいに大名行列とかあるのだろうか。