2012/07/01

K氏宅にてゲーム会

ボードゲーム会に呼んでいただいたので行ってきました。
参加人数は4人。一日みっちり遊べて良かった。

『呪いのミイラ』
まずは軽いものからということでこのゲーム。迷宮を舞台に冒険者が財宝を集めるという内容。
ダイスを使って盤面を移動する双六タイプのゲームですが一人はミイラ役で、このプレイヤーは冒険者をとらえることを目的にゲームを進めます。
コマが磁石になっており、冒険者側の位置がわからない状態でミイラプレイヤーが手を進める構造が面白い。

1時間ほどでミイラの勝利で終了。1回遊んだ感じでは冒険者の勝利条件厳しいなーという印象。勝てるのかまた試してみたい。

『EVO:進化の掟』
恐竜の種を進化させ、繁栄を競うゲーム。熱に耐えるための「放熱器官」や空を飛ぶ羽根など、能力を「競り」で取得して環境の変化や生存競争に立ち向かうといった内容でした。
「ツノ」をもっているだけで戦闘で圧倒できたり、繁殖能力が高いと戦闘で負けても結果的にはポイントで上回れたりとゲームの動きはなかなか面白い。
総ターン数10ちょっとで1ターンの最高得点が8点。これがわかってればもう少し勝ち方を考えられただろうか。
2時間ちょっとかかったかな?1位が76点、自分が65点で3位。差が付きにくいので競りでいかに節約するかがポイントだった。

『グリモワール』
1ページずつ使える魔法が増える魔法の書から毎ターンページを選び、財宝カードとキャラクターカードを集めるという内容。去年くらいに買って何度か遊んだものをひっぱり出してきました。
4人だと防御や逆転が思わぬタイミングで来てなかなかスリリングです。
1時間程度で終了。完全に戦略ミスでこれも3位だったかな。

『サムライ』
クニツィアのゲーム。日本各地に配置された仏像・兜・田んぼのコマを取り合うという内容。
タイルを手番ごとに配置していくだけなんだけど、計算と駆け引きが最高に緊張感が味わえます。楽しかった。
これも1時間程度で終了。田んぼと仏像2種類に絞った戦略が当たって勝利できました。

『藪の中』
とてもシンプルなコンポーネントの、推理ゲーム。単純に考えると8枚のカードのうち4枚のカードを見て、見えなかった1枚のカードを推理する。自分の情報だけでは推理しきれないので、他プレイヤーの推理も判断材料にしないといけないんだけどなかなか難しい。
30分程度の軽いゲームでした。一人脱落で終了。


呼んでいただき、Kさんありがとうございました。参加された皆様お疲れ様。『サムライ』は早速iPad版をダウンロードしました。