2007/05/09

エヴァンゲリオン

今の今まで見たことが無かったんですよ。いまさらながら見てみました。
なんか放映当時は社会現象とまで言われてて、確かデュエルスペースで青黒のデレローをフィニッシャーにしたカウンターデッキを使ってた時に「ATフィールド突破できねー」とか「使徒に喰われる」とかなんとかいわれながらプレイしてなんのこっちゃと思った記憶があります。

で、エヴァ本編の感想ですが…なんかものすごく盛り上がってきた後半で、アニメーションから紙芝居へと変わってしまっているところがなんとも残念な作りでした。“社会現象”になった当時の“社会”もあんなもんで納得したのかな。

しかし、昔なつかしの巨大ロボ物+説明要素、っていうところがいいですね。なぜか主人公ロボがいる基地を攻めてくる理由とか、ロボットなのになぜか動きがいい理由とか、ちゃんと(?)説明がつけられているところが面白い。

旧約聖書をモチーフにしたところなんかもいい感じですね。なに?なんなの?という興味をあおりまくりというか。アダムはなんでずっと埋まってたんでしょうかねぇ。知恵の実は食べてないのかな。

なんか、近未来SFなのに年代がかなり過去になってしまっているところがちょっと泣けました。やっぱりこういうのは放映して旬なときに見たほうがいいですね。なんか映画もやるらしいですが、その前に気力があったら過去作品の映画も見てみようかな。