2001/09/30

オデッセイ プレパ

今日、マジック:ザ・ギャザリングの新大型エクスパンション、「オデッセイ」のプレリリース・パーティ(大会)がありました。
昨日お店で売ってたから、ぜんぜん前売りじゃないけど。

スイスドロー5回戦でした。
まずは120枚のカードの束から40枚のデッキを作る作業です。
いろいろ悩んだんですが、赤と黒の除去が薄かったのと、大きな生物が緑白だったので青緑白に決定。
今考えてみるといまいち決め手に欠ける感じのクリーチャーデッキが完成しました。

1戦目は髪を後ろで縛ったオジサン。ちょっとこわい。
僕と同じライフカウンターを持ってるので、見たこと無い人だけど年季は入ってそうだなぁ、とちょっとびびった。
内容はだいたい緑ウィニーでした。壁とかで止めて飛行で殴って勝ち。

2戦目は中学生かな?鋭い目付きで気合入ってます。
超速攻の黒生物と、後から巨大青生物と言う感じでとても危険でした。
こちらは中速の生物と、プロテクション附加のインスタントとかでどうにか削りきりました。

3戦目は知り合いのK林さんで、ちょっと苦手な相手。
始めてみると案の定、ひたすら自分を守るデッキ。長期戦だーと思ってライブラリを削ってドロー負けにさせようと作戦を切り替えたとたん、“追加2ターンを得る”という呪文を撃って勝利。
2回目は時間切れ。「早くプレイしないと時間切れで俺が勝っちゃうよ」と言いながらやってるのにマッタリプレイなんだもん。“4点回復”でどうやって勝つのか?

4戦目は、1戦目で隣の席だった子供。メガネ。
“すべての生物除去”を大声でプレイしてたんだよなぁ。カードパワー違いすぎだよ、どうにかなるのか?と思いつつスタート。
結局、相手の一斉除去を逆利用で勝たせていただきました。
相手がすべての生物に3点、のときに1体生き残らせて殴りきったり(プロテクション付けて1ドロー、強いです)“すべて除去”を使われたあとに虎の子の6/6飛行生物をだしたり。
まだまだ若いモンには負けんよ(笑)

5戦目は引き分けしました。戦わずに。そうすると4勝1分が二人になって、ここで相手だったN君とワンツーフィニッシュ、となるので。
今回は僕のほうがポイント高くて1位だろう、と思ってたのに、発表があったら2位でした。

N君の4戦目、残り1分で20点削り勝ったプレイはすごかったです。
3ターンめ2点、4ターン目4点、5ターン目4点、6ターン目10点(!)
普通、限定戦でできることじゃ無いです。

今回はちょっとデッキがいまいちだったような気がします。
H氏ともちょっと試しに戦ってみましたが、ちょっとやばそうな感じだったし…当たりが良かったので勝てた感じも。
次はもっとがんばります。気合と根性で。