2016/02/25

上田テーブルゲーム会、今後のことなど

 いつも上田テーブルゲーム会にご参加いただき、ありがとうございます。僕自身も毎回とても楽しく参加させていただいてます。

 各地のゲーム会で知り合い遊びに来ていただいている方々、それからこの会をきっかけにゲーム会にこられるようになった方々、そしてスタッフとして動いていただいている方々、皆様のご参加、ご協力のおかげでこの会は成り立っています。本当にありがとうございます。

 この会は、「東信地区にもボードゲームが好きな人達と交流して楽しめるゲーム会が欲しい!」と考えスタートしました。
 オープン会が楽しく遊べる場として成立する最低限の条件とは、やはりゲームを楽しめる人数が集まることだと思います。そういった意味で、上に書いた「皆様のご参加のおかげで会が成り立っています」というのは比喩でもなんでもなくて、本当に正直なところです。本当は来ていただいたみなさんひとりひとりに両手で握手してありがとうと言いたいところなんだけれど、多分引かれると思うのでそこまではしませんが、とにかくそのぐらい感謝しています。

 テーブルゲーム、僕個人としては何年も続けてきている大事な趣味ですが、同じ仲間とずっと遊べていたかというとそうではありません。やはりその時々によって人の興味は変わっていくし、進学や就職、転勤など環境の変化によって同じ場所で遊べなくなることもあるわけで、クローズドなコミュニティではある程度の人数が必要なボードゲームという趣味を長い時間続けていくのは、なかなか難しいと思います。
 遊びたいけど、こういうものを遊んでくれる人がまわりにいない、というのは、単に僕に友達がすくないというだけでなく意外と良くある悩みなのではないかと思うわけです。
 そんなことから上田テーブルゲーム会は「広く人を集め」、「個人に頼らずに継続できる」ゲーム会を目指したいと思っています。
 
 「広く人を集める」というのは具体的には、積極的に宣伝したり、他のコミュニティと交流をはかったりといったこと。ボドゲフリマをはじめ、県内ではたくさんの素晴らしいゲーム会、コミュニティがあります。また、昨年のアグリコラ大会では県外の方の参加もありました。
 ある会に遊びに行ったとき、別の会へも参加している人がいればそちらの様子も分かるし、参加もしやすくなって良いサイクルが回るのではないでしょうか。

 「個人に頼らずに継続できる」というのは、単純に僕がいなくても問題なくゲーム会が出来るようにしたいな、ということ。実際に僕がしばらく出席できなくなってしまうので、いずれまた戻れるまで続けていただけるようにお願いしていますが、お願いしているスタッフの皆様の都合も柔軟に対応できるようにしたいなと考えています。
 とにかく遊びに来てくれた人たちが今まで通り、普通にスッとゲームを始められるというのが理想だと思ってます。そのためにも、運営的なことがしたいという方がいらっしゃいましたら協力をお願いしたいと思ってますので是非メッセージください。

 現在のところは毎回10~15人程が集まり、2~3卓くらいで遊んでいます。部屋の大きさ的にはまだ余裕があるので、極端に人数が変わらない限りはこのままサントミューゼ第一会議室を会場にしていくつもりです。ここは新しくて明るく、アリオに近くて食事にも困らないのでなかなか良い場所だと思います。いろいろ催し物もあるので、時間が合えばそのついでにでも寄っていただけたら幸いです。

 今後の目標というか個人的なこうなったらいいなーというものがいくつかあって、一つは以前から言っているのですが地元の仲間を見つけていけるようにしたいなというのがあります。東信地方でまだまだボードゲームで遊びたい人、いるんじゃないだろうか。これはもう地道に宣伝していこうと思ってます。
 それからゲーム自体に着目して楽しみを深めたいなということ。「今回これを遊びたい!」という要望をうまく拾えるようにならないかなーと考えています。まあこの辺はちょっと漠然としてるので、復帰してから考えるという感じになるかと思います。あとはやっぱり大会形式で遊ぶこともまた変わった楽しみがあるとおもうので、いずれできたらいいな。

 とりとめのない感じになってしまいましたが、これからも上田テーブルゲーム会、月1開催(目標)で続けていきます!予定が合いそうな時にはぜひ遊びに来てください。どうぞよろしくお願いします。