2011/08/18

上田早夕里『火星ダーク・バラード』

小説『火星ダーク・バラード』読了。
火星の局地的テラフォーミングが進み、木星への移住も見えているといったレベルの世界が舞台のお話。
連続殺人犯を追うハードボイルドな刑事が、捜査をすすめるうち火星政府の重要な秘密に近づき、命を狙われていくというべたながら熱い展開です。

ヒロインが遺伝子操作で生まれたニュータイプっぽい特殊能力者ということでこれもすごくべたな設定なんだけど、科学的バックグラウンドの描き込みが良くSFとしてもとても楽しめました。
この特殊能力が「他人の感情が読める」(思考ではない)と、「特定の人の思ったとおりに物を動かせたりする」という感じの、能力者本人だけでは力を発揮できないという物で、この設定がまた良かったんだけど最後これが生かされてなかったのはちょっと残念だったかな。

混沌とした移住地の雰囲気や物語のスピード感、テラフォーミングの様子や軌道エレベータの表現などなど、全体的にときめく要素が満載で一気に読んでしまった。満足でした。