2010/05/18

村上春樹『1Q84』

Book1~3、読了しました。
このシリーズ売れに売れているということで、なんだか流行に乗ってしまっている感がありますが、高校時代から村上春樹ファンでありどの作品も読めばほぼ確実に楽しめることが分かっている物を読まない手はありません。

二人の主人公、天吾と青豆が『1984年の日本』から、『1Q84年』の世界へと迷いこむというストーリー。
1Q84の世界は1984の世界とほとんど変わりません。2つめの月やリトル・ピープルなどファンタジックな物がいくつか登場しますが、それらが実在するのか主人公たちの幻覚なのかは最後まではっきりしない。そのような、どこまでも現実に近い架空の世界が舞台となります。

3巻という珍しいほどたっぷりのボリュームで、どこかおかしみのある文章や細部にこだわった表現、突然現れる不条理など、村上春樹氏ならではの世界を存分に楽しむことができました。
小説家の天吾、殺し屋の青豆といった個性的な主人公達以外にも、奇妙で魅力的な人物が沢山登場し、物語にどんどん引き込まれます。
個人的に良かったのは「牛河」。Book1、Book2では「天吾の物語」と「青豆の物語」が緩やかに平行して進む形でしたがBook3では「牛河の物語」が織り込まれ、脇役(?)ながらストーリー全体をぐいぐいと進めていきます。
牛河はものすごく醜く誰からも好かれない男として描かれているんだけど、この人を追っていく話が非常に面白かった。
平行して進む物語のあちこちに天吾のお父さんらしき人が現れるのも楽しい。それから物語の重要な位置を占める『ふかえり』は村上作品に必ず登場する「変わった女の子」の位置づけで、インパクトのある萌えキャラになっています。

不思議というか相変わらず“わけのわからない”お話で、謎解きや解釈で長めに楽しめるお話になっています。
小説でなければ表現できない世界、読書でなければ得られない感動というものがあるのだけど、やはり村上春樹の作品は文章で読んでこその面白さというものを実感できるなと感じました。
貸している1,2巻が戻ってきたらまたじっくり読みたい。